生産工法の紹介


冷間圧造とは



昔は斜線部を削って作っていましたが…

今はこのブランクをたたいて作ります。
製品の重量とほぼ同じ重量です。

これをもう少し複雑にしたものが、冷間圧造部品と呼ばれているものです。

今このように穴があいているとしましょう。

製品によって違いはありますが、5段パーツフォーマーで毎分100ヶのスピードで生産可能です。


このような工程で作られています。


もし、切削加工でこの製品を作ったとすると、なんと47.9gの材料が必要です。
ロスはなんと28.9gも生じます。

パーツフォーマーによる生産だと実に20gの材料で、しかもロスは約1gだけです。

このように材料代が少なくすむ分、当然コストも抑えることが可能です。

是非とも、当社の冷間圧造技術を御利用ください。


ナット製作の流れ
冷間圧造とは?

最新情報
浜松営業所
〒473-0066
静岡県袋井市山科3364-1 202号
TEL0538-44-1500
FAX0538-44-1550
新潟工場
〒943-0225
新潟県上越市三和区野6138-2
TEL025-532-2701
FAX025-532-2703
上越工場
〒942-0336
新潟県上越市浦川原区飯室264-2
TEL025-594-7741
FAX025-594-7743

メールでも問合せ可能