自動車用ナットのメーカー。冷間圧造部品・ローレット加工部品・スペーサー・スタッドナットなどを製造。


複雑形状部品の製造を得意としています。自動車向けを始め、家電など幅広く対応しています

社長挨拶
 近年のめざましい経済発展はあらゆる企業に対してより高度な技術革新を求め、その厳しい要望に答え得る姿勢が無ければ、企業としてこの激動の時代を制することができなくなっております。
 この様な産業界のなか、弊社は創業以来一貫して、時代の先端にある設備・技術を常にいち早く取り入れお客様の多様なニーズに対応できるよう心掛けてまいりました。棒鋼から削って作る切削ナットにより一歩を踏み出した弊社は、現在では、これまで不可能といわれた製品にも冷間圧造の高度な技術を採用し、幅広い業界において厚い信頼を頂いております。
 今後とも、価値の高い製品づくりと新しい分野への果敢なチャレンジを自らに課し、社会に貢献していきたいと考えております。どうぞ、倍旧のご支援・ご指導を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
代表取締役  吉田 一敏

会社概要

社名株式会社 吉則螺子製作所
本社〒581-0822 大阪府八尾市高砂町3-55-3 [地図を開く
TEL072-996-8880(代)
FAX072-996-8479
新潟工場〒943-0225 新潟県上越市三和区野6138-2 [地図を開く
TEL025-532-2701
FAX025-532-2703
上越工場 〒942-0336 新潟県上越市浦川原区飯室264-2 [地図を開く
TEL025-594-7741
FAX025-594-7743
創業昭和35年10月
設立昭和45年10月
資本金2000万円
取引銀行三井住友銀行 八尾支店
永和信用金庫 八尾北支店

会社沿革

昭和35年 大阪市生野区にて、吉田磨ナット製作所として切削ナット製造を開始。
昭和45年 有限会社 吉則螺子製作所に改組。八尾市八尾木に工場移転。
ナットホーマーNP320を導入し、ホーマーナット製造を開始。
昭和52年 ナットホーマーを順次増設、フランジナットの製造開始。
昭和56年 五段打ちホーマーNF525導入、特殊ナット・パーツ製造着手。
昭和59年 現在地に本社工場新築移転。
昭和60年 パーツホーマーBPF525導入、冷間圧造部品生産強化。
平成元年 新潟新工場新設、操業開始。
平成2年 ゆるみ止めナット“リードロック”製造開始。
平成4年 株式会社 吉則螺子製作所に改組。
平成9年 生産部門を全て新潟へ移す。自動倉庫導入。
平成11年 パーツフォーマーの増設強化。
インサートカラー・インサートナットの生産拡大。
平成13年 新潟工場2号棟新設。
平成15年 本社倉庫建増し・自動倉庫増設。
平成20年 静岡県袋井に浜松(営)を新設。
平成22年 新潟工場3号棟新設。
平成24年 6段マイクロパーツフォーマーを導入し、各サイズ6段ラインナップ
平成25年 上越工場新設

ナット製作の流れ
冷間圧造とは?

最新情報
本社
〒581-0822
大阪府八尾市高砂町3-55-3
TEL072-996-8880(代)
FAX072-996-8479
浜松営業所
〒473-0066
静岡県袋井市山科3364-1 202号
TEL0538-44-1500
FAX0538-44-1550
新潟工場
〒943-0225
新潟県上越市三和区野6138-2
TEL025-532-2701
FAX025-532-2703
上越工場
〒942-0336
新潟県上越市浦川原区飯室264-2
TEL025-594-7741
FAX025-594-7743

メールでも問合せ可能